またまた

先日の朝に自転車に乗ってすぐ空気が少ないことには気付きましたが、
これはあやしいと思いつつも漕いでいたらさらに空気が抜けていき、
道半ばほどでパンクを確信したものの時間的に余裕がなかったのでそのまま強行!!

なんとか目的地にたどり着いたものの帰りは乗れないので、
自転車を押して数十分歩きました。

さすがに徒歩通勤だと時間もかかってちょっとしんどいので、
休日になるのを待って早速パンク修理をしました。

ほんとは自転車屋さんにお願いしてチューブ交換まで視野にいれて考えていましたが、
歴代の自転車も含めて通算何度目かになるパンクなので以前自分で直した経験もあるし、
100均で買った修理道具も残っているものがあるので今回は自分で直すことに変更。


空気がもれている箇所を探して、
発見したらパッチ処理で穴を塞いで終了。

Bicycle.jpg

やってることは簡単な作業なのにそれなりに時間がかかりながらも修理を終え、
翌日の朝も処置が不十分で空気が抜けていたりといったこともなく、
普通に乗れましたのでこれで一安心です。


しかし朝になって自転車のパンクに気付くというのは焦るので勘弁して欲しいものですよね。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する