月月に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月  

まだまだ日中は暑いけれど、少しずつ秋を感じる季節となってきました。

秋と言えば、一年中でもっとも月が見える時!

平安時代の貴族は、ススキやお団子、美味しいお酒などを持ち寄り、
優雅に歌を詠みながら美しい月を皆で観賞したとか。

歌を詠むことができない現代の私たちでも、あの大きく丸く輝く満月をみていると、
不思議な気持ちになってしまうものですね。

そこで、今年のお月見情報!(お月見は二度チャンスあります)

十五夜のお月見・・・・10月3日(土)
十三夜のお月見・・・・10月30日(金)     です。

太陽の輝きとは違い、月の輝きは人の心を穏やかに静めることができるとか。

たまには、月のパワーをたくさんもらって、幸せな気持ちを味わってみてくださいね。

                     
                                       by かぐや姫


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する