調子が悪い?

前回使った時にも感じたのですが、
メインで使っていないサブパソコンのDVDドライブの調子が悪くなってしまいました。

症状としてはDVDへデータを書き込みすると数回に1度の頻度で失敗するというもの、
その他は読み込みなど全く問題がありません。

サブパソコンについては実際に月に数回、
下手をすれば全く電源を入れることがないぐらいの使用頻度で、
さらに言えばDVDドライブも必ず使うというわけではないのにこの状態・・・
実質利用した回数と言えばそう多くないはずなのでちょっと悲しいですね。

とは言え嘆いていても仕方がないので、
早速新しいDVDドライブを購入すべき物色開始!

サブ機は結構古いので接続方式がATAPIだったりするのですが、
いつの間にやらこのタイプはもうあまり取り扱われてはいないみたいです。

確かに時代はBlu-rayが登場し移行しつつある状況で、
さらに言えば接続方式もSATAが標準になりました。

そう考えると時代の流れを感じてしまいますが、
ここはあえて時代に流されずATAPIで接続するDVDドライブを選択。
数少ない選択肢の中からよさそうなものを選んで注文しておきました。

しかし、この注文したドライブが壊れる頃にはもうBlu-ray全盛となっているのでしょうね。
一向に作業が進まない自作パソコンの構成にはBlu-rayドライブを入れようかな、
などと考えている今日この頃です。

a.k
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する