居酒屋トーク

先日いい話を聞きました。

10年偉大なり 20年畏るべし 30年で歴史になる

イエローハット創業者の鍵山秀三郎氏の言葉です。
株式会社ローヤル(現イエローハット)創業時

「従業員の心を癒したい」ということで毎日朝6時に出社してトイレ・玄関・営業車などの掃除を始めましたが社員はおざなり程度の掃除しかせず

周りからは「社長があんなことをして…」と言われる始末

それでも鍵山氏は掃除を続けます

会社の専務が「私もトイレ掃除を手伝わせてください」といってくれるまで

なんと、7年かかったそうです



そして10年後・・・数人の社員が掃除を自主的にやるようになり

   20年後・・・大半が自主的になるようになりました

さらに30年後・・・外部から掃除の仕方を教わりに来たり地域の掃除運動へと広がっていきました。

鍵山氏の掃除のDVDがあるそうなのですが、トイレの排水溝のキャップでビールがのめるくらいまできれいに磨いているそうです。

鍵山氏が「代々木公園を掃除する」といえば全国の経営者たちが「是非一緒に掃除させてほしい」と、集まってきます。

平凡なことでもそれをやり続けることはやがて大きな力になるお手本のような生き様です。


本物は続く 続くから本物になる

いい言葉です。 K
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する