消費税増税

今日こんなニュースを目にしました。

消費増税と社会保障の一体改革を巡り、菅政権は29日、「2015年度までに消費税率を10%に引き上げる」とした政府原案を修正する方針を固めた。増税反対論が強い民主党の意向を受け入れ、「10年代半ばまでにおおむね10%」などの幅のある表現に変える。

 30日の政府・与党の会合で最終調整するが、増税時期や引き上げ幅はあいまいになり、政府原案に比べて増税が遠のく内容だ。国民新党が増税に反対していることや、消費増税をめぐる今後の野党との協議に柔軟に臨みたいとの狙いから、政府・与党案を決めても当面は閣議決定しない方向だ。


「消費税は景気の回復を待って」というのが、これまでの政府の方針だったはずですが、震災の復興に膨大な国費が投じられることなどから、日本の国債はその格付けを下げ、国際的な信用も失いつつある現状では、財政再建は今や待ったなしというところまで来たということだと思います。

はたして増税は国民にとって、将来の子供たちにとって良いことなのでしょうか・・・

K




消費税率の引き上げは、われわれ国民を「幸せ」にするのか「不幸」にするのか?――
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する